ブラックペアン7話で相武紗季が患者役!出産後の女優復帰で劣化や今後のドラマは?

ドラマ内での演出に抗議を挙げる声もあるとのことで、良くも悪くも注目を浴びている作品となったブラックペアン

視聴者からは好評なドラマなので、制作側も喜んでいいのやら複雑な思いかもしれませんね。

そんなブラックペアンの7話では女優、相武紗季さんが2017年の第一子出産以来初となるドラマ出演を果たします!

ということで今回の記事ではブラックペアンの7話について

「ブラックペアン7話で相武紗季が患者役!出産後の女優復帰で劣化や今後のドラマは?」

に注目してお届けしていきます。

女優としての復帰作となっているため、相武紗季さんについて気になる方はぜひ読んでみてください。

ブラックペアン7話で相武紗季が患者役!

ブラックペアン 7話 相武紗季 患者役

ブラックペアン7話で女優相武紗季さんが患者役として出演します。

相武紗季さんは2016年に一般男性と結婚し、2017年に子供を出産したことから少しの間芸能活動を休止していました。

期間で言うと2017年の7月から本格的な産休に入り、芸能活動を休止。

そして2018年4月期放送ドラマのブラックペアンにて芸能界に復帰ということですから、大体半年と少しの休止期間でした。

相武紗季さんというと、数々のドラマや映画に出演している実力派女優なので、もう少し長い期間休止して子育てに専念してもいいのでは、と思いますよね。

しかし芸能界は入れ替わりが激しい世界ですし、長く休みすぎると自分の居場所がなくなる、忘れられてしまう等という思いがあったのかもしれません。

私自身もブラックペアン7話に相武紗季さんが出産後初出演すると聞いて、そういえば見てなかったなと思いましたし、同じように感じた方は多いのではないでしょうか。

そんな相武紗季さんのブラックペアン7話での役柄は山本祥子という看護師長が病気により患者となった、というものです。

治験コーディネーター役の加藤綾子さん演じる木下香織と深い関係のある方なので、物語にどのように影響していくのか楽しみですね!

ブラックペアン7話が出産後の女優復帰で劣化した?

ブラックペアン7話が出産後の女優復帰作となる相武紗季さん。

女性は出産ですごく体に負担をかけますし、もし劣化していたとしてもしょうがない部分もあるでしょう。

しかし、ブラックペアン7話で女優として再スタートを切ったわけですが、劣化したという風には見えません。

ここら辺はさすが女優と言えるのではないでしょうか。

もちろん、化粧だったりエステ等のボディケアによる要因もあるとは思いますが。

ブラックペアン7話に出演する相武紗季さんは上記で紹介した通り患者役として出演します。

 

患者役ということは他の役柄よりも化粧は薄くしているでしょうし、ブラックペアン7話を見れば劣化したかどうかがわかると思います。

32歳という年齢で子供を出産しつつも劣化した様子は見られませんが、劣化したかどうか気になる方はぜひブラックペアン7話を見てくださいね!

スポンサーリンク

ブラックペアン7話に出演する相武紗季の今後のドラマについて

ブラックペアン7話以降に相武紗季さんが出演するドラマについては、所属事務所のBOX CORPORATIONにも情報がなかったために現在のところは未定です。

ちなみに映画についても同様でした。

やはり、ブラックペアン7話にゲスト出演することが出産後初出演ということ、一児の母であることからそう簡単に予定を入れることはできないのでしょう。

実力派女優であることは間違いないのでオファー自体はあると思いますし。

今後も長く女優として活動していくためにも、今は子育て主体にして徐々に仕事を増やしていくのかもしれませんね!

ということでブラックペアン7話が女優としての復帰作となる相武紗季さんの今後の出演ドラマについては、これからの情報に期待していましょう!

まとめとして

ブラックペアン7話に出産後初となるドラマ出演を果たす相武紗季さん。

母親となって初めて出演する作品ということなので出産前、産休前とはまた違った演技を見せるのか。

演技派女優として知られる相武紗季さんには注目ですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です