モンテクリス伯(ドラマ)の原作者はフランス人?巌窟王や主題歌の歌手は誰?

2018年4月期放送ドラマの一つであるモンテクリスト伯

主演にはディーンフジオカさんを起用していることから、期待値の高いドラマであるという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事ではモンテクリスト伯について

「モンテクリス伯(ドラマ)の原作者はフランス人?巌窟王や主題歌の歌手は誰?」

という内容でお届けしていきます。

ドラマを見ると、その原作はどういった物語となっているのか気になったりしますよね。

それはモンテクリスト伯でも同様だと思いますので原作者は誰なのか等々気になる方はぜひ一度読んでみてください!

モンテクリス伯(ドラマ)の原作者はフランス人?

モンテクリス伯 ドラマ 原作者 フランス人

モンテクリスト伯の原作者はアレクサンドル・デュマ・ペールさんというフランス人の方です。

中々聞き覚えがない方だと感じるでしょうが、実はこのアレクサンドル・デュマ・ペールさんは他にも以下のような作品の著者であります。

  • 三銃士
  • ダルタニャン物語
  •  王妃マルゴ
  •  王妃の首飾り

特に三銃士に至っては映画化にもなっている作品でもありますよね。

見たこと、聞いたことがある!という方は多いのではと思います。

ちなみにモンテ クリスト伯 はフランスのTVドラマ化もされており連ドラを見て気になった人はチェックしてみてください↓

DVD化されていて簡単に手に入れることができます。

上記のような有名作品を数多く生み出している作者がモンテクリスト伯の原作者なのです。

そういった実績のある方が原作者であるということが分かると途端にモンテクリスト伯のドラマも面白そうに見えてきますよね。

ただ、制作がフジテレビ、というところが心配な気も…

しかし最近の木曜10枠のドラマは隣の家族は青く見える、刑事ゆがみ等視聴率という結果こそそれほどでしたが、視聴者満足度は概ね高いものが出ています。

モンテクリスト伯でもいい流れを作ることができれば、結果として高視聴率に繋がると思いますので、1話1話ずつ丁寧に物語を面白くしていってほしいですね!

スポンサーリンク

モンテクリス伯(ドラマ)は巌窟王?

2018年4月期放送ドラマとして放送しているモンテクリスト伯。

実は日本では巌窟王(がんくつおう)という名で知られている物語なのです。

何でもモンテクリスト伯の物語が伝わった際に日本人に親しみやすいようにと、タイトルや人名、それに船の名前等を日本風に変えたのだとか。

それによりモンテクリスト伯ではなく、巌窟王として知られているわけですね。

ただ、舞台は原作のままヨーロッパであるため、日本人名とヨーロッパという変な違和感が発生しているような気が…

とまあそういったわけで、日本ではモンテクリスト伯ではなく巌窟王が広く知られている物語です。

 

モンテクリスト伯のドラマとして2018年4月期に放送している作品は、日本を舞台とした物語として大幅に改変しています。

連ドラにするには少々難しいタイトルだと感じる、このモンテクリスト伯。

最終的に視聴者が満足できる着地点になるのか、視聴者がついていける展開となるのか。

原作の人気に恥じない作品を作りあげてほしい所ですね!

スポンサーリンク

モンテクリス伯(ドラマ)の主題歌の歌手は誰?

モンテクリスト伯の主題歌の歌手は同ドラマにて主演を務めているディーンフジオカさんです。

ちなみに主題歌名はEcho。

動画はこちら↓

ディーンフジオカさんは過去に出演した今からあなたを脅迫します、でも主演&主題歌を担当しています。

モンテクリスト伯で主演かつ主題歌を担当するというのは2作目ということになるわけですね。

もし、今後もディーンフジオカさん人気が衰えないようであれば、ディーンフジオカさんが主演する=主題歌を担当する、という風に定着しそうじゃないでしょうか。

ディーンフジオカさん本人も音楽活動には力を入れていますし。

今まではそういった俳優がいなかっただけに、ディーンフジオカさんが第一号となれるのか気になります。

まとめとして

モンテクリスト伯での主題歌の歌手はディーンフジオカさんです。

ただこの方、音楽番組への出演を機に歌が下手であると言われてしまっているのだとか。

私的には特徴的な歌い方だな、程度にしか思いませんが本当に下手なんであれば致命的ですよね。

今後、ディーンフジオカさんの歌への評価は変わることがあるのか、こちらにも注目していきましょう。

スポンサーリンク

関連記事はこちら↓

オトナの土ドラ 再放送日程 時間

オトナの土ドラの再放送日程や時間は?見逃し配信を無料視聴する方法!

モンテクリス伯の見逃し配信やフジテレビのドラマ無料視聴はこちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です